ナビゲーション

2999/12/31(火)ごあんない

サードパーティーやツール類の情報まとめです。
仕事でも使えるエディタから、便利なファイラまでいろいろ!
なお、コマンドとかライブラリは開発日誌に置いてます。

ごあんない

ナビゲーション

専門性が高いものを扱っています。
概要
テクニカル×マガジンニュース系やどこに置けばいいか分からないものを置いてます
Linux救急箱UbuntuとCentOSがメイン。他にも色々さわるかも
開発日誌アプリケーション関連でよく忘れたりするのでコマンドから書いてます
エンジニアのおもちゃばこここです
初心者AWS私が初心者!って言いたいだけのAmazon Web Service奮闘記

タグ

探したい項目ごとに選びます。
多岐に渡るので目的別に分けました。
概要
分類
使い方このサイトの使い方です
サービス探せば結構あります
エディタ本格的な論争は宗教戦争になります
ファイラエクスプローラー拡張だったり
キャッシュWindowsのアレコレを直接いじくり倒すキケンなやつら
スキル
★☆☆☆☆ダウンロードすら要らない。Webサービスなど。英語でもここ
★★☆☆☆ダウンロードして解凍すればすぐ使える、インストール不要
★★★☆☆インストールすれば使えます
★★★★☆設定して使えば便利!Windowsの機能の有効化と無効化はここ
★★★★★設定後に環境を作る必要があるもの。使い方が分からないと難しい
だいたいの場合、よくあるお困りごとを再検索する事が多いんでまとめておきます。

2018/11/30(金)[アンテナサイトジェネレータ]アフィリエイト初心者でも簡単!RSSフィードで自分好みのサイトを完全無料自動で作るウェブサービス

[Slack] ビジネス用途から家族のコミュニケーションツールにもなるIoT開発者のおもちゃにまでなる万能WebAPIサービスアプリのような使い方をするのは大変すぎるので、RSSフィードをまとめてまとめサイト・アンテナサイトを作ろうという趣旨です。
タイトルに釣られた人は騙されやすい人なので気をつけましょう。
アンテナサイトの作り方と、アンテナサイトで稼げなくなるリスクと実例を解説しています。

おすすめアンテナ自動生成サイトジェネレータ

antena-mk

アンテナサイトメーカー | アンテナサイト作成を無料で簡単に
初めて使ったアンテナ自動生成サービスですが、操作感や広告配置などが気に入りました。

antenam

[(access failed) http://antenam.info/]
以前サービスが停止していたので結局運用しなくなったんですが、どうやら復帰している様子。
またお世話になろうかと思っていますが、正直ブログを移行したんで書くネタがアレ。

全部

ある程度慣れているならまだしも、初めてアンテナサイトを作るなら上記のどちらかをおすすめしますよ。
それでも思うところがある場合、以下のNaverまとめから探すのも良いでしょう。
【稼げる】アンテナサイトが無料で簡単に作成できるツールがすごい!!【副業】 - NAVER まとめ

アフィリエイター向け

アンテナサイトだけで収益化は難しいです。
つまり、人様のサイトのコンテンツをただひたすら集めただけのサイトでは稼ぎになりません。
昔私も同じような事を考えてアンテナサイトを30箇所ほど運用してましたが、サービスそのものが停止してしまってアンテナが吹き飛んだ経験があります。
人様のサービスの上でお金(メンテナンス費用)も払わず稼ごうとすると失敗しますね…
作るのは簡単だけど、作った後のこれはダメージでかかったです…

ゴミサイトを作るのではなく、お気に入り登録してもらえそうなアンテナサイトを目指しましょう。

[Happyou Final Scraper, Feed43] RSSを提供していないサイトからフィードを作るWebサービス [ジェネレータ]

[RSSフィードを提供していないサイトは理由があってやっている事もありますので乱用は厳禁です。]
とはいえ、なんで最新情報も取得させてくれんの?っていう疑問というか思うところはあるんですよ…

最近RSSフィードを扱うサービスやツールの紹介をしたのも、私が情報を取得する方法として活用しているのがRSSだからという理由があります。
詳細は[Slack] ビジネス用途から家族のコミュニケーションツールにもなるIoT開発者のおもちゃにまでなる万能WebAPIサービスアプリを参照してください。

RSSフィードって何?どうやって使うの?

kinzaで詳しく解説しています。

ここでは、情報をリアルタイムに取得するためにRSSフィードを作成しようというアプローチです。
何度も言いますが、RSSフィードを公式で公開しているならそれを、そうでない場合は理由があってRSSを公開していない可能性もありますので適切な運用をしましょう。

Happyou Final Scraper

Happyou Final Scraper

feed43

Feed43 : Convert web pages into professionally looking RSS feeds

ニコニコ動画でRSSフィードを活用して最新情報を得る場合

公式で提供しているものは公式を使います。
niconico(ニコニコ)

公式で公開していないけど提供しているものにユーザーの投稿動画やマイリストがあります。
使えるかどうかは今開いているページの末尾に「?rss=2.0」を追加してみてください。
これでエラーにならなければ使えるでしょうし、非公開だと開けてもうまくいかない事がありますが普通にブラウザを使ってみる事もできると思います。

番外: adiaryのRSSフィード

右側のカラムにRSSボタンを置いていますので、このアドレスをRSSリーダーにコピーして登録してください。
更新されるたびにリアルタイムに情報が通知されることが確認できるようになります。

2018/11/29(木)[Kinza] 標準機能でRSSフィードを取得できるステキブラウザ

[Vivaldi] Chrome拡張ブラウザに乗り換える事になりましたが、その前に使っていたKinzaもなかなか優秀なので紹介します。
ウェブブラウザ:Kinza - 国産で軽い・使いやすいWeb Browser

これはGoogle Chrome Plus -> CoolNovoの系列を組んだ全く新しいブラウザでした。
過去形なのは、実際はクロームプラスともクールノヴォとも違った進化系のブラウザだからです。
Chromiumエンジンだけかな、同じところ。

前者は中国制?後者は国産です。

軽くはないが使い勝手の良いブラウザ

軽くはないです。これはChromium系だとどうしようもないんですが、ブラウザの標準機能としてマウスジェスチャーやショートカットキーが導入されており、インストールした後に面倒な事をしなくていいのはありがたい。
そうでなくてもchromeだと拡張機能をインストールして似たような事が出来るんですが、拡張機能で組み込むのとネイティブで使えるのとでは安定性・快適度が明らかに違います。
あと重さ。

開発者向けと言うにはやや弱いのですが、非開発者のブログアフィリエイター、まとめサイトアフィリエイターであれば必須のRSSフィードが使えるのは非常に大きなアドバンテージであったとVivaldiに乗り換えてから思いました。
もちろん、RSSフィード自体は拡張機能で組み込めるのですが、Kinzaの素晴らしいところはサイトにアクセスしたらRSSフィードを自動的に登録できる点です。
これはVivaldiも含めて他のブラウザにはない機能です。

今でこそRSSに詳しくなったのでそこまで要らないかな、と思うんですが非技術者にとっては重宝する機能であることには変わりません。
VivaldiのWebパネルが気持ち悪いと感じたらKinzaですね。

[Slack] ビジネス用途から家族のコミュニケーションツールにもなるIoT開発者のおもちゃにまでなる万能WebAPIサービスアプリ

var meta_description = "slackを";
Slack.PNG


このブログだけでもSlackの記事がめちゃくちゃ多いです。
あまりにも便利すぎるんですよ、Slack。

登録

サインイン | Slack

まずは普通にSlackに登録します。
メールアドレスを登録したら任意のワークスペースを作成し、作成したワークスペースにログインをしましょう。
ここまでが初期設定です。

特にメールアドレスを登録、ワークスペースを作成し、作成したワークスペースにログイン、という一般サービスとちょっと違うのが混乱しやすいポイントではないかと思います。

考え方

多分Slackに登録する、という表現が悪いんですよね。

Slackにメールアドレスを登録するんですが、メッセージのやり取りをするときはワークスペース(Lineでいうところのグループ)を作って、チャンネル(グループメンバーだけのチャット)かダイレクトメッセージ(個別チャット)でやりとりをします。

細かい事を言うと間違いだらけですが、とりあえずはこの認識で使えると思います。
Discordとかで慣れている人は抵抗0で使えます。

パブリックチャンネル・プライベートチャンネルの違い

これ、かなり混乱します。
パブリック
同じワークスペース内のユーザーなら誰でも使えるチャンネル
プライベート
作成した人が招待した、あるいは招待された人が別の人を招待してグループを形成するチャンネル
という違いがあります。
私一人で使う分にはパブリックもプライベートもないんですが、パブリックにするとbotが乗っ取られた時に面倒くさいので、基本的にプライベートにしています。
普通の使い方をするなら、とりあえずパブリックで作っておいて、当事者間でやり取りしたい場合はプライベートチャンネルを使うとか。
また、同じメンバーでも話題別にチャンネルを作れますし、話題が終わったらチャンネルをアーカイブ(非表示にして保存)して後で過去ログを追うことも出来ます。

追記【スキル::★★★★★】

ぶっちゃけ本題、真骨頂。
Slackは外部連携がとても強力です。
分類でコミュニケーションアプリとしていますが、私Slackを連絡ツールに使ったことはほっとんどありません。
専ら開発ツールだったり連携ツールだったりします。
相当ガチです。

SlackとLINEやメールを連携する

Slack_family.PNG


これは私の実際のログです。
LINE Clovaと連携してLINE Notifyつてにメッセージを送ったり、Google App ScriptやRaspberryPIに通信用WebHookAPIのエンドポイントを設定していい感じにやりとり出来るようにしています。

RSSリーダーにする

Slack_gamerss.PNG


Vivaldiを使う前はKinzaというブラウザを使っていたんですが、こいつには標準でRSSリーダーがついていたんですよ。
あれがめちゃくちゃ便利で使いやすいんですが、Vivaldiの狂ったほど優れた拡張機能と比べると貧弱すぎて乗り換えましたが、ほとんど唯一といっていいほどの不満事項がRSSでした。
SlackはVivaldiのWebパネルで開いているのでSlackアプリは使っていませんし、こいつにRSSを呑ませる事で解決しました。

応用すると天気予報や電車の遅延情報、災害情報も拾うことが出来ます。

落書き、ツイート

Slack_graffiti.PNG


TwitterとかFacebookとかにぶん投げるための仕組みです。
InstagramはAPIを提供していないので飛ばせないんですが、
ここでは意図的にTwitterのタイムラインを取得していません。エアリプ合戦とか不毛すぎるし、フォロー外から失礼します文化とかね。
FF外するなら(引用、公式問わず)リツイートも許可制にしてくれよ、と思いますワ。

良くも悪くもSNSに疲れた人の発言です。

サイトメモ

Slack_memosite.PNG


いわゆる純粋なメモ機能として使ったケースです。
ネットサーフィンをしていると後で見る機能が欲しくなるんですが、後で見るにしても「なんで登録したんだっけ?」っていう事が分からなくなる事が多いです。
チャンネルごとにメモを分けて活用すると分かりやすいです。
アフィリエイターやゲーマー向けかなぁ。艦これ系のブラウザゲームやモンスターハンターなど攻略本を片手に遊ぶソシャゲ等をやってると捗ると思います。

Github

Slack_githubpush.PNG


pushログやIssueなんかも一元管理できます。
SlackからIssueを書くことも出来ますし、GithubにIssueが上がったらSlackに通知することもできます。

番外編

adiaryのフキダシチャット

これもSlackを使っています。
さすがに公開できない…。

settings

パスワードを忘れた時に秘密の質問を聞いてくるサービスがあるんですが、秘密の質問自体がどれだったか選択させるというとんでもないサービスがあったんで、仕方なしに作成しました。
パスワードを登録するのはアレですが、どの質問を設定したとかサービス単位で覚えているわけがないので、そういうのをまとめています。

genkou

まんま原稿です。同人作家あるあるな。
ローカル環境にファイルを作るとパソコンがぶっ壊れるので、基本的に成果物は全部Slackに上げることにしました。
DropboxやGoogle Driveほかオンラインストレージは、最近どこに何を保存したか忘れるのでな…
私にとってはオンラインバックアップストレージっていう存在があまりにも溢れまくりすぎて管理できないので、いったんSlackに上げてオンラインストレージに自動通信でバックアップしてくれればいいな、と思ったんですが、そもそもSlackにファイルが残ってるんだからストレージ使う必要なくね?ってなるまでさほど時間がかかりませんでした。

bookmark

私、ブラウザ標準のブックマーク機能が嫌いです。
開発のためにブラウザを使い分けるんですが、これらのブラウザ間でブックマークを共有できないじゃないですか。
ふざけてんなと思いまして、サービスにブックマークをぶん投げることにしています。

trello

いわゆるマインドマップ的な位置づけにあります。
mysql workstationのようにリレーションを把握するためのツールとしてtrelloを活用しています。
BIツールのときも思ったんですが、関係性は視覚化しないと後で悩みますし、ハマります。

ラズパイセンサー

ラズパイにカメラモジュールをつけて防犯カメラにしたり温度・湿度センサーを使ってパソコンの空調管理をしたり、という人が多いと思います。
わざわざSlackで通知する事ではないんですが、Slackを経由することでWebAPI開発のデバッグメッセージを表示する仕組みにも出来たりします。
API制限に注意する必要がありますが、通信経路のメッセージデバッグをするなら開発支援になりますよ。

カレンダー・タイマー・リマインダー

一人で使ってるので虚しくなってやめたんですが、カレンダーとも連携できます。
google calendarが使いやすいでしょう。

他にも色々なアイデアがありますが、何でも使えるようにするんじゃなくて自分にとって必要なものを取捨選択する必要があるでしょう。
OK キャンセル 確認 その他